投資初心者は何から初めればよいのか

投資初心者は何から始めるのが良いか

 

掘り下げ好きのだーびーです。

 

このカテゴリーでは、マネーゲーム(投資)について書いております。

 

35歳から本格的に投資を始めようと思い、お金を増やすことについて

日々勉強をしています。

 

動画やネット記事を漁り、わたしのような初心者がどのような流れ・考え方で、

投資をしたら良いのか自分なりにまとめていきたいと思います。

 

貯金と投資のバランスを考える

 

投資は、絶対に利益が出るものではないので、資金が減ることもあります。

 

貯金は、減ることはありませんが、増えることもありません。

(いちお銀行の利息は年0.01%程度なので、100万円預金で年100円は増えます。)

 

 

ここで、自分の生活スタイルや価値観に合わせ、

お金が減らない預金とお金が増減する資金と、お金を分けて、預金・投資をすることが重要です。

 

たとえば、

月に2万円を抽出できる方は、預金1万・投資1万にするなどです。

 

 

わたしもそうですが、

投資を実際に始めると、損をしていないかと日々チャートを見てしまい、生活や仕事に集中できません。

 

はじめから全額投資はオススメできないので、自分のお金をわけて考えると、心に余裕が生まれ、メンタルが投資に慣れてきます。

 

慣れてきたら、お金が増減する資金に、お金が減らない預金からお金を回していくと良いと思います。

これから、お金が増える楽しみ、お金が減る不安を慣れていきましょう。

慣れてきたら

預金5000円、投資1万5000円にしてみよう。

貯金と投資は収入の何%が良いのか

色々な記事を見た結果、

 

手取りの35%を投資と預金にする。

そして、その内の3分の1を投資にする

 

という内容が多かったです。

 

根拠なんて合ってないような物なので、

手取りの30%でも20%でも、10%でも良いと思います。

 

 

投資に慣れてきたら、

例えば、手取りから30%の資金を抽出するにあたり、

 

10%を預金にする

10%を株に投資する

10%を仮想通貨に投資する

 

など自分のルールを決めるのも楽しみのひとつです。

 

一番大事なのは、無理のない範囲で、投資と預金を抽出することが大切です。

 

 

投資初心者が最初に手軽にやる投資の種類と金額

 

一般人が月の手取りから毎月捻出できるのは、だいたい1万円〜5万円程度が限界だと思います。

 

そのような少額での投資だと、積立NISAが良いという結論にたどり着きました。

 

金や債権、高配当米国株や、国内株式など、もっと大きな資金が出来てからでないと、大きなリターンを得らませんし、

 

  • 何を買えばいいのか
  • いつ売ればいいのか
  • 利益が出たら税金はどのくらいかかるのか

 

と悩むことになり、初心者が投資を始めるにはハードルが高すぎて

勉強しなくてはいけないことが多く、荷が重いです。

 

積立NISAとは?

 

つみたてNISA用の口座を作り、有価証券を購入すると、配当金や売却益が20年間非課税になる仕組みの積立投資です。

 

年間40万円が非課税になり、12ヶ月で割ると、1ヶ月で33333円を投資にまわすことができます。

非課税となる期間は、20年です。

 

40万円×20年間=800万円

 

の投資が非課税で運用できます。

 

積み立てる金額を設定したら、自動で投資信託が運用してくれるので

初心者に相性の良い投資方法です。

 

急な出費が必要になったら運用資金を引き出せたり、

利益が出ていても、非課税なので、税金面も心配いらないのも良い点です。

 

 

詳しい情報は、証券会社や銀行が色々な記事を出しているので

是非検索してみてください。

楽天証券-積立NISAとは-

 

なぜ積立NISAにしたのか?

積立NISAと比較して、ほかにも似たような投資方法があります。

 

一般NISAについて

一般NISAは、年間120万円が投資の上限額で12ヶ月で割ると、1ヶ月に10万円を投資にまわすことができます。

非課税となる期間は、つみたてNISAと違い、5年間です。

 

120万円×5年間=600万円

 

の投資が非課税で運用できます。

 

毎月10万円を投資にまわせる人は、ほんの一握りですし、

5年間という短い期間で最大のパフォーマンスをあげるには、毎月10万円の投資が必須です。

 

iDeCo(イデコ)について

似たような積立投資でイデコがあります。

イデコで毎月積み立てたお金は、全額が所得控除になるので、所得税、住民税が軽減できます。

 

しかし

イデコは60歳まで引き出しが出来ず、お金を強制的に寝かさなくてはいけません。

 

やっぱり積立NISAが良い

つみたてNISAでは、年間40万円で月に最大33333円の投資で良く、

いつでも資産を換金が可能です。

 

月5000円でも月10000円でも、自由に積み立てることができるので、投資に慣れるという面でも、

つみたてNISAが初心者にオススメな点です。

 

もちろんNISAでしか買えない商品があったりと、良いところもありますが

今回は、少額から初心者がはじめるべき投資。というテーマなので、わたしも最初に始めたつみたてNISAをオススメします。

 

 

まずは月1万〜5万を投資する

 

投資する額は、絶対という金額はありませんが

少額から始めるといっても、最低1万円は積み立てたいところです。

 

投資する額が大きければ大きいほど、リターンも大きいため

ここは自分が抽出できる金額と相談になります。

 

支出を減らして、投資するお金を抽出する

 

と色々な記事でもある通り、飲みに行く日を1日減らす。などすれば、すぐにでも1万円は確保できます。

 

最近では、

買い物で溜まったTポイントや楽天ポイントも投資できるようになったので、

主婦の方や学生の方でも、

ポイント分は気軽に投資してみるのも良いと思います。

 

自分の経済圏で証券会社を決める

色々な証券会社がありますが、わたしが利用しているのは楽天証券です。

 

なぜ楽天証券かというと、

 

  • 積立NISAがクレジット決済が可能
  • 最大1ヶ月5万円分までクレジット決済が可能
  • 楽天ポイントを投資できる

 

からです。

 

さきほど、1万〜5万を投資するといった理由はここにあります。

 

月33333円を積立NISAで、そして残りの16667円も別の投資にまわし、

クレジット決済をすることで、最大で月500ポイントの楽天ポイントがもらえます。

 

年間にすると6000ポイントももらえ、投資に回すことができます。

 

また、

スーパーでの買い物や、ガソリンスタンド、ネットショッピングなど、

楽天経済圏で生活しているということもあり、さらにポイントを溜めやすい環境というのもあります。

 

以上の理由が、わたしが楽天証券を利用している理由です。

初心者の投資まとめ

 

  • 支出を減らし、貯金と資金を収入から抽出する
  • 色々勉強するとスタートが遅くなってしまうので、初心者に優しい積立NISAで自動で投資を始める
  • ポイントを使い投資を気軽に始めてみる

 

積立NISAも奥が深いので、それはまた別の機会に掘り下げていきたいと思います。

それでは。

 

 

 

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA