コロナ禍で積立NISAで1年運用した結果

積立NISA1年運用結果

掘り下げ好きのだーびーです。

 

このカテゴリーではマネーゲーム(投資)について書いています。

 

投資初心者のわたしが

積立NISAってどのくらい運用益がいくのかと疑問に思いながら、日々積み立てておりましたが

 

急な出費があったため、すべて売却し、現金にしました。

 

約1年の運用結果をまとめていきたいと思います。

 

積立NISAってどのくらい稼げるの?

積立NISAを引き出したらどうなるの?

 

と思っている方へ少しでも、参考になれば嬉しいです。

 

積立NISAを1年運用した結果(正確には11ヶ月)

 

2020年3月〜2021年2月の11ヶ月間の運用結果です。

 

積立NISA1年運用結果

 

3名柄に33333円を積立していました。

コロナがちょうど流行り出して、株価が暴落している時からスタートしました。

 

2020年3月といえば、その当時で、日経平均株価が16000円、ダウ平均が19000円の時になります。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))を約1年積立した結果

積立NISA

11ヶ月運用

月/10000円積立

110000円(原資)+29264円(運用益)

 

26.6%の含み益になりました。

 

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスを約1年積立した結果

積立NISA

11ヶ月運用

月/10000円積立

110000円(原資)+26102円(運用益)

 

23.1%の含み益になりました。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P 500)を約1年積立した結果

積立NISAS&P500

11ヶ月運用

月/13333円積立

146663円(原資)+32896円(運用益)

 

22.4%の含み益になりました。

 

合計

積立NISA1年運用結果

 

合計で366,663円投資して、454,925円になり、

88,262円のプラスになりました。

 

積立NISAは年平均利回りは3%〜7%と言われています。

1年積立NISAで月33333円(年40万円)を運用すると、年利回り5%と仮定して、42万円になります。

 

今回の1年は20%以上の利回りになります。

 

世界の金融緩和政策やアメリカ大統領就任イベントなどで

1年で株価が急回復している中なので、とても良い結果になっています。

 

株価が横ばいの1年だったら、あまり変わらなかったはずです。

 

株価が下落した1年だったらどうなるのか

株価が横ばいの1年だったらどうなるのか

 

という疑問がありますが、その答えを導き出すためにも、

引き続き2021年3月から月33333円を、またコツコツと積み立てていきたいと思います。

 

おまけ:楽天ポイントで毎月1000ポイントを10ヶ月運用してみた結果

楽天ポイント投資

2020年4月〜2021年2月の10ヶ月間の運用結果です。

 

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

10ヶ月運用

月/1000楽天ポイント

10000円(原資)+1324円(運用益)

 

13.2%の含み益となりました。

 

積立NISAを途中で全部売却したらどうなるの?

 

積立NISAでは、いつでも好きな分だけ売却して良いところも魅力のひとつですが

 

今回のように株価が大きく値上がりすると、今後の複利(元本+利益)運用する効果が大きく

5年、10年後のリターンが大きくなるので、途中の売却はなるべくは控えたいところです。

 

わたしも、急な出費ですべて売却してしまう事となりましたが

何かデメリットはあるのかと不安になり、色々調べてみた結果・・・

 

 

  • 売却部分の非課税投資枠を再利用できない
  • 非課税期間をフル活用できない

 

とのことです。

 

デメリット1:売却部分の非課税投資枠を再利用できない

 

年間40万円の非課税枠分は、購入時点で消費されてしまい、

売却しても、購入金額分の非課税枠は復活しないということです。

 

例:

1年間40万円非課税枠のうち30万円積立購入し、その年に30万売却。

復活しないので1年間の非課税枠の残りは10万

 

これは10年運用した場合でも、売却したら10年分の非課税枠は復活しないということです。

 

 

また、1年間40万円分の非課税枠がありますが、余った枠は、翌年に繰り越せないので、

余った分の非課税枠は自動で消滅していきます。

 

例:

1年間40万円非課税枠のうち、年間で30万円積立購入した。

残り10万円分の非課税枠があるが、翌年は40万+10万(繰越分)の非課税枠ではなく、

40万円分の非課税枠になる

 

デメリット2:非課税期間をフル活用できない

非課税期間は最大で20年です。

1年40万円を20ヶ月積み立てると、800万円になります。

 

ここに毎年の複利効果(元本+利益)が、どんどんゆきだるま形式で膨らみ、

 

長く運用すればするほど高まります。

 

また、定額積立の長期の運用で、時間を分散することにより

 

株価が高い時には、少ない枚数を買い、

株価が安い時には、多い枚数を買うという考え方もあります。

 

時間をかけるということで、リスクを分散するということになります。

 

積立NISAの引き出しには何日間で口座へ入金になるのか

約1週間程度で入金になりました。

何を購入しているかによって少し変動があるそうです。(4−8日営業程度)

 

急な出費が必要なときは、入金になる目安も把握しておきましょう。

 

まとめ

今回は急な出費があったため、全て売却してしまいましたが、

 

積立NISAは長く続けることに意味があるため、積立が難しくなったら、減額や停止も視野に入れていきたいと思います。

※積立停止中も複利効果で常に運用しているためです。

 

初心者に優しい積立NISAですが、

どんな商品が良いのか、

信託報酬手数料の関係、

最大のパフォーマンスを得るには、

など奥が深いのも事実なので、それはまたの機会に掘り下げていきたいと思います。

 

2020年3月以降も0円スタートからコツコツと積み立てていきたいと思います。

それでは。

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA