【Apex】pingは回線速度よりも重要

だーびーです。

 

Apexをはじめた当初、オープニング画面の左下に「ping」という表記があり、横にの数値が出ていて

なんの数値だろうと思っていました。

 

pingの数値が大きいと、ラグいという感覚はありましたが、

少し掘り下げていきたいと思います。

 

pingって何?

Apexでの適正なping値は?

ping値を改善する方法は?

 

今回は、そんなpingと回線速度のお話です。

pingとは

pingとは応答速度のことです。

自分がキャラクターの行動のコマンドを入力して、サーバーから返答が届くまでの速さになります。

 

Apexでは、弾の射撃数管理や、遮蔽物に隠れたりと、素早い動きが多いゲームです。

応答速度が遅いと、自分が入力したコマンドからキャラクターが遅れた動きをしてしまいます。

 

  • 遮蔽物に隠れたのに弾があたる

 

というのはping値が大きいのが原因です。

 

Apexではどのくらいのping値が良いのか

 

結論から言うとping値 1〜10くらいが快適にApexをプレイできます。

 

わたしのping値は10前後です。

 

ping値と通信速度

ping値1〜10

  • アップロード目安 50 Mbps以上
  • ダウンロード目安 50 Mbps以上

 

快適にプレイできます。

 

光回線の有線接続だとこの数値がでます。

 

ping値 10-20

  • アップロード目安 20-30 Mbps
  • ダウンロード目安 20-30 Mbps

 

普通です。

 

光回線の無線接続で、壁やドアなどの障害物が少ないと、この数値が出ます。

光回線の有線接続でも、他の人が動画を見ていたりするとこの数値が出ます。

ping値 20-30

  • アップロード目安 3-10 Mbps
  • ダウンロード目安 3-10 Mbps

 

遮蔽物に隠れたのに、弾が当たります。

 

光回線の無線接続で、壁や障害物が多い場合、この数値が出ます。

また、ポケットWi-Fiでプレイした時もこの数値が多いです。

 

ping値 30以上

  • アップロード目安 3 Mbps以下
  • ダウンロード目安 1 Mbps以下

 

思い通りの動きが出来ません。

 

この数値になると通信回線がPS4までうまく届いていません。

 

ping30以上までping値が悪いと、通信速度も 3 Mbps以下になっているはずです。

 

ping値は、通信速度のアップロード、ダウンロードの「Mbps」の数値にも比例し、影響してきます。

 

普通にゲームを楽しむなら最低でも、

ping値10-20で、

通信速度はアップロード、ダウンロードともに20〜30 Mbpsが必要になります。

 

わかりやすいようにpingごとの動画は後日アップしていきたいと思います。

 

 

ping値を改善するには

 

回線がうまく受信できていないことや、不安定な受信環境が原因ですので、

以下の点を試してみてください。

 

  • ルーター、モデムを再起動してみる
  • PS4を再起動してみる
  • 無線接続の場合はPS4までの障害物を無くす
  • 同じ回線でYouTubeの動画を他の人が視聴していないか確認する
  • 無線接続から有線接続にしてみる

 

これでも通信速度が出ない場合は、

光回線の契約内容の確認や契約会社の変更、

また、ルーターやモデムが古く通信電波が最大まで受信できていない場合もあるので買い換えることも必要です。

 

ping値と回線速度を見直して、快適なApexを楽しんでください。

 

下記では回線速度を実際に計測しています。

ApexはポケットWi-Fiと光回線どちらがオススメか

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA