【Apex】被弾をしない意識

apex被弾をしないための意識

 

今回は被弾を減らすには、一番何を意識すれば良いのか掘り下げてみました。

 

被弾をしてしまうと、回復を優先しなくてはいけないため、自分の行動が制限されてしまいます。

 

相手の行動を制限するためにも、理想的なシチュエーションは

 

こちらが被弾0で相手にダメージを与えること

 

になります。

 

理想に近づくためにも、どういうことを意識したら良いのか

まとめていきたいと思います。

 

被弾を減らすことが具体的によくわからない

被弾を減らしたい

 

という方のきっかけになれば嬉しいです。

 

なぜ被弾をしてしまうのか

 

被弾してしまうのは、はっきりとした理由があります。

 

それは

 

  1. 敵の位置を把握していない
  2. 投げ物や射撃時に体を出しすぎている
  3. 自分にヘイトが集中している

 

という状況になります。

 

❶の敵の位置を把握していないと、敵の弾やウルトがどこから飛んでくるかわからないので

自分の位置取りポジショニングが間違ってしまい、被弾をしてしまいます。

 

ここは射線管理をするということにもなりますが、また別の記事で掘り下げたいと思います。

 

❷の体を出しすぎてしまうと、敵から弾が当てやすく、敵3人から狙われやすいので

もちろん被弾してしまいます。

 

❸のヘイトが集中しているというのは、

存在感を出しすぎて、敵に意識され、警戒されているということです。

アクティブに動いたり、ウルトを使用したりすると、敵のヘイトは自分に集中し、被弾していまいます。

 

 

以上を踏まえた上で

理想の「被弾0で相手にダメージを与える」には、何を意識したら良いのか考えていきます。

 

被弾をしないために意識すること

 

それは

 

  • 敵の意識がこちらを向いたら体を隠す。
    • 接敵時にマガジンを全部撃ち切らず、5発、10発撃ったら体を隠す。

 

 

ということです。

敵の体の向きと意識の向き

 

敵の意識がこちらを向いたら体を隠す」と書きましたが、

具体的には体の向きになります。

 

体の向きでわかりやすい例が、背後から敵へ射撃した場合です。

 

背後から射撃すると、敵はくるりとこちらを向きます。

敵がこちらに向き終わる前に、体を隠すことで被弾をゼロにすることができます。

 

また、

正面同士の打ち合いだと、体の向きを見極めるのは難しいので、意識の向きが重要です。

 

  • 意識の向き=ヘイトの向き

 

とも言えます。

 

ヘイトが向くということは

射線・敵のかたよりで判断可能です。

 

レイス・オクタン・ホライゾンでアグレッシブに動いたり、

移動系のウルトを使用すると、射線が集中し、敵が寄ってきたりと、ヘイトが自分に向きやすいです。

 

ヘイトが自分に集中しているのは、敵に強く意識されているということなので

一番被弾しやすい状況です。

 

無理に体を出さず、被弾しないよう体を隠して、味方の2人にヘイト分散をしましょう。

 

マガジンを全部撃ち切らないことで

 

5発、10発撃ったら体を隠すというのは、

敵が自分にエイムカーソルを合わせる時間の目安です。

 

これは感覚的なことになりますが、中級者・上級者のプレイヤーは1秒もかからずエイムを合わせてくるので、目安として5発、10発と書かせていただきました。

 

エイムカーソルが合うまでに体を隠せれば被弾をゼロにすることができます。

 

戦闘をたくさん経験して、何発くらい撃つと、敵が撃ち返してくるのかを

感覚で覚えましょう。

 

 

また、

敵の位置を把握できていないと、認識していない敵が、

思いも寄らないところから自分を撃ってくる可能性があります。

 

認識している敵に5発ずつ、10発ずつ撃ちながら、すぐ体を隠すことで、認識していない敵がこちらを撃ってくれて、

被弾せずに敵の位置が、わかることがあります。

 

同時に、射撃時の体の出し過ぎも気をつけることができます。

 

 

 

被弾しないまとめ

 

理想とする被弾0で敵にダメージを与えるには、

 

敵の位置をしっかり把握し、遮蔽物を使用し、撃ち合うこと。

 

そして、マガジンを全弾撃ちきらず、敵の意識がこちらを向いたら、遮蔽物に体を隠すことが大切です。

 

当たり前のことになってしまいましたが、この当たり前がなぜ大事なのか

今回は少し掘り下げてみました。

 

実際、被弾0というのは戦闘時において難しいので

少しでも被弾が少なくなれば嬉しいです。

 

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA