【Apex】野良ランクでのピンの指し方や指示について

apex-instructions
Apex Legends指示ピン
野良ランクでは
  • 戦闘時の連携が取れない
  • 離れていて一緒に戦闘できない
  • ついてこない
などなど
このようなことがマッチで多々あります。
少しでも勝率があがるようにしていきたいですよね。。
連携が少しでもとれるように
マッチが少しでも勝率が上がるように
野良で気をつけていることを紹介します。
apex-instructions-pins

Apexのピンの出し方とタイミング

具体的に、どんな時にピンをさせばいいのかというと

周りに2パーティ以上確認できる時

  • 使用するピン:「敵だ」
自分が気づいた時点で、2箇所にピンをさしましょう。
他の味方が、1パーティだと勘違いして、突っ込んでしまう前に差すことで漁夫対策にもなります。

敵が来そうな時

  • 使用するピン:この位置を監視

 

敵が来そうな時は、このピンをあらかじめ差しておきます。

1人で警戒するより、3人で警戒したほうが対応の速さに差が出てきます。

 

漁夫が来そうな時

  • 使用するピン:この位置を監視

 

戦闘開始するタイミングや、戦闘中に差します。

部隊数が多い時は特に警戒します。

 

後衛キャラ使用時は余裕がある時は、戦闘途中で後ろや左右を確認しましょう。

 

漁夫が来た時

  • 使用するピン:敵だ、行け
いち早く気づいたら、漁夫が来た方向にピン連打して知らせると、パーティ全員が引く判断を早くできます。
引く方向も合わせてピンを差すことも大切です。

攻撃を仕掛ける時

  • 使用するピン:ここを攻撃する
味方がまだ遠くで漁っている場合があります。
一緒にフォーカスを合わせ、攻撃するのが理想です。
人数不利にならないためにも、攻撃を仕掛けるタイミングは合わせていきましょう。
また、
漁夫を狙う場合もこのピンを使って、攻撃を仕掛けるタイミングを合わせていきましょう。

敵を撃つ時

  • 使用するピン:ここを攻撃する
野良でも同じ敵を同時に撃つことも大切です。
はぐれている敵がいた場合は、このピンでフォーカスを合わせます。

引く時

  • 使用するピン:行け

 

接敵時に、場所が不利だったり、当て感が良い敵の場合は引くのもアリです。
自分が戦闘中に引こうと判断した時は、他の味方が夢中になっている場合が多いので、何度も引く方へピンを差しましょう。
野良が引かずに、攻めたそうな場合は漁夫の警戒も忘れずに。

展開する時

  • 使用するピン:この位置へ向かう
戦闘中は特に連携がとれないので、自分のいる場所や敵のいる場所を随時ピンで知らせることが大切です。
自分が展開する方向も知らせることで、孤立するのを防ぐことにつながります。

高所をとれている時や安置内の強いポジションにいる時

  • 使用するピン:このエリアを防衛する
部隊数が多い場合は、漁夫に警戒して高所の強ポジで防衛することも大切です。
攻めるのが好きな野良もいるので、その時は一緒に攻めましょう。

敵の痕跡は必ず知らせる

  • 使用するピン:何者かの痕跡

新しい街で物資を漁ろうとする時に、漁られていたら必ずこのピンは差すようにしています。

特に一番先に街に到着したら、このピンを刺すことで周りに敵がいるかもしれないという意識が共有できます。

 

まとめ

とはいえ、急にピンを差して、指示をしても連携が取れないことがあります。

 

降下のタイミングから、初動時の漁りの時に、

ピンでコミュニケーションを取ることにより、

 

  • どういう野良か
  • 反応してくれるのか

 

を判断しています。

自分からできること

 

なるべくコミュニケーションを取りたいので、

 

自分がジャンプマスターではない時は、野良の「場所ピン」を『OK』と押す。

初動はバック・武器・回復は率先してピンを出す。

シールドセルを落としてみる。

マスティフ・ボルトなど強武器があったらピンを刺す。

自分の武器の弾薬やシールドセルを要求してみる。

 

「ありがとう」と反応があったら嬉しいですよね。

こちらからも「ありがとう」とお礼を言ってコミュニケーションをとっています。

 

ピンを積極的に使い、野良ランクでも、連携をとってみてください。

 

ではランクマでお会いしましょう。

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA