【引越し】インターネット完備という物件のWi-FiはFPSゲームに使えるのか

埋め込み式の光回線
埋め込み式のインターネット回線です。埋め込み式でもWPSボタンはあります。

だーびーです。

 

最近引っ越しまして、新築のインターネット完備の家に引っ越しました。

新築だったので、契約するまでにWi-Fiの種類や速度を計測できず不安でした。

 

「インターネットが壁の中に埋め込み式になっています」と管理会社に言われ、

そもそも埋め込み式というのがよくわからずでした。

 

インターネット完備の家のイメージは、Wi-Fiが遅いイメージです。

ホテルのWi-Fiや街のフリーWi-Fiも遅いですし。

 

今回は、

引っ越してからPS4でゲームを快適にプレイできるまでの回線事情についてです。

 

インターネット完備という賃貸物件の通信速度はどのくらいか

家の間取りと埋め込み式のインターネットの受信の範囲はどのくらいか

引越してゲームをすぐはじめるに何が必要か

 

そんな方に参考になれば嬉しいです。

 

賃貸マンション・アパートでの光回線はしっかり確認

 

「インターネット完備」のWi-Fiが遅かったら、光回線を契約すればいいかな。と思い

最近流行のNURO光のことを色々調べると、

 

光回線が通っていないと電線から光回線を引っ張ってくる工事が必要だったり、

家の中に回線を引くために、壁に穴を開けたりする場合もあるとのことです。

 

大家さんに確認すると

もちろん壁に穴を開けるのはダメだと言われました。

 

大家さんがOKであれば光回線をひくことができます。

 

わたしはPS4でFPSをやるので、遅いWi-Fi環境だったらどうしようとか思っていましたが

 

無事新築が完成し、インターネット回線を調べると、ちゃんと光回線でした。

 

埋め込み式の光回線
埋め込み式のインターネット回線です。埋め込み式でもWPSボタンはあります。

〜ここまでのまとめ〜

引っ越す場合は、快適なゲームライフを送るために、Wi-Fiの種類や速度を調べてから引越しをしましょう。

自分で光回線を引く際は大家さんに確認を取りましょう。

 

2.4GHzと5GHzはどちらでFPSゲームをするべきか

そもそも光回線やWi-Fiをくわしく調べることがなかったのですが、

2つの周波数帯があるのということを初めて知りました(笑)

 

わたしの家の光回線にも、2.4GHzと5GHzの2つの周波数があり、

通信速度を計測してみると

 

2.4GHzの通信速度の計測と特徴

Wi-Fiの通信速度を携帯のアプリで計測すると、

ping (応答速度) 10〜20 ms
ダウンロード (データ受信速度) 20〜60 Mbps
アップロード (データ送信速度) 20〜60 Mbps

※平均値です。10回ほど計測。

 

という結果になりました。

 

 

2.4GHzは家電や電子レンジなど幅広く使われている周波数帯で、

電波が壁や障害物の影響を受けにくく、家全体に広く届くというメリットがありますが、

その他の電波の干渉を受けやすく、通信が不安定になるというのがデメリットです。

 

5GHzの通信速度の計測と特徴

こちらも計測すると

ping (応答速度) 5〜10 ms
ダウンロード (データ受信速度) 80〜120 Mbps
アップロード (データ送信速度) 280〜350 Mbps

※平均値です。10回ほど計測。

 

5GHzは新しくできたWiFi専用の回線です。

他の家電が出す電波と干渉せず、通信速度が早いというメリットがありますが、

電波の届く範囲が狭いというデメリットがあります。

 

FPSゲームをする際の通信速度目安として、ダウンロード・アップロード共に

10〜30Mbpsがあれば良いと言われているので、どちらでも問題なくゲームができます。

 

しかし、

FPSゲームはping(応答速度)の方が大事なので、それは別の記事でまとめたいと思います。

 

〜ここまでのまとめ〜

FPSゲームをする際の通信速度目安として、ダウンロード・アップロード共に

10〜30Mbpsがあれば問題なくできるので、2.4GHzと5GHzのどちらでも良い。

しかし、5GHzの方がpingが早いので、数値的に5GHzでゲームするのがオススメです。

 

PS4でゲームをするなら家の間取りと埋め込み式Wi-Fiの届く範囲に注意

 

わたしの家の間取りはこちらです。

 

埋め込み型wifiと電波の届く範囲
リビングからWi-Fi届かないので、ゲーム部屋にWi-Fi中継機を設置

 

ルーターが埋め込み式で、リビングにあります。

壁1枚、ドア2枚挟んでゲームの部屋があります。

 

携帯のiPhoneでは、リビングでは5GHzは使用できますが、隣のゲーム部屋までは時々届くような不安定さです。

 

PS4ではなおさら無線では受信できないと思いつつも、無線でPS4に繋げてみると

 

PS4で無線LAN接続してみた通信速度
1回目の計測
PS4で無線LAN接続した時の数値
2回目の計測

 

5GHzは受信しませんでしたが、2.4GHzは受信できました。

しかし、「Kbps」は弱すぎます(笑)

 

FPSではアップロード・ダウンロードともに20〜30「Mbps」を出せれば良いといわれているので、

この数値ではゲームすらできないです。

 

 

有線でリビングから、ゲーム部屋まで回線を引いてくるのは現実的ではないので、

Wi-Fiの届くエリアを拡大するための「Wi-Fi中継機」を購入しました。

そのWi-Fi中継機から有線でPS4につなぐ作戦です。

 

基本的に埋め込み式ルーターはリビングが多いと思うので、

リビングとは別の部屋でゲームする場合はWi-Fi中継機が必要になります。

ルーターを移動できないので、埋め込み式のデメリットとも言えます。

 

 

今回は、この中継機を購入しました。

 

Wi-Fi中継機
現在、主流の5GHzは11acに 2.4GHzは11nに対応している中継機

中継機の規格(ここでは左上の11acの記載のあるところ)によって、Wi-Fiの通信を受信できる最大数値が違うので、

使用している光回線の契約プランとルーターの規格によって中継機も少し調べることが必要です。

 

 

中継機で、ここまでの数値を受信できれば、問題なくFPSのゲームができます。

 

Wi-Fi中継機設置
設置してみたら下のコンセントが使えなくなってしまったので、コンセントタップを追加購入したいと思います。

 

〜ここまでのまとめ〜

家の間取りによっては、各部屋までWi-Fiがうまく飛んでいきません。

5GHzは障害物の影響を受けやすいので、

埋め込み式の物件でFPSゲームを快適にするなら、Wi-Fi中継機と有線が必須です。

 

 

 

PS4と5GHzを接続するには初期モデルではダメ

 

Wi-Fi中継機も届き、

PS4に有線接続で、5GHzでゲームができると思ったら、

わたしのPS4は初期型のモデルらしく1200という型番のため、5GHzは対応していなかったというオチが待っていました。。。

PS4の初期モデルは5GHzに対応していない
モデルCUH-1200A

 

リビングからゲームの部屋まで、5GHzが届かないと文句を言ってしまいましたが

受信できるモデルだと無線で届くと思われます。

 

PS4の5GHz対応モデル

PS4のモデルが2000から5GHzが対応しているそうです。

 

  • CUH-2000 AB01
  • CUH-2000 BB01
  • CUH-7000 BB01

 

 

ですが、現在はPS5が出ているので、

今はPS5を買うのが良いですね。

 

PS4で有線接続と無線接続の速度の違い

 

わたしの使用しているPS4のモデルでは2.4GHzの回線のみの受信となるので、今は我慢しつつ、

 

Wi-Fi中継機からPS4へ無線と有線の通信速度の違いも試してみます。

 

PS4をWi-Fi中継機から無線接続
中継機からPS4へ無線接続した数値

 

やはり無線だと、リビングから受信した時と変わらずな不安定さです。

 

ps4をWi-Fi中継機から有線接続
中継機からPS4へ有線接続した数値

 

アップロード、ダウンロードともにFPSが安定してできる30 Mbps以上出ているので、とても安定しています。

やはりゲームをやるなら有線接続は必須です。

 

まとめ

 

  • 引越しをするならどこの回線か調べる。また、速度も計測する。
  • Wi-Fiの埋め込まれている場所を確認し、家の間取りに注意する。
  • 埋め込み式の賃貸でゲームするならWi-Fi中継機と有線は必須。
  • PS4の初期モデルは5GHzに対応していないので、今ならPS5を買う。

 

以上、

引越してゲームするまでのWi-Fiトラブルのお話でした。

 

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA