【Apex】味方がダウンした時の立ち回り

エイペックスで味方がダウンした時の立ち回り

だーびーです。

 

負けてしまうほとんどのマッチは、戦闘時に味方1人が落とされてしまった時です。

 

わたしも味方が落とされてしまった時は、

そのまま押されてしまい、負けてしまうことがほとんどです。

 

しかし、

プロや上手い配信者の方は、味方1人がダウンしたとしても、巻き返すことができます。

 

立ち回りがどう違うのか。

味方がダウンしてしまった時に、何をするのか。

 

色々な上手い人の立ち回りを見て勉強した結果、共通点があったので、

自分なりにまとめていきたいと思います。

 

味方が1人落とされると、こちらにどう影響するのか

 

まず、

味方が1人落とされてしまった時に、不利になってしまいますが

 

具体的にどう影響するのかというと

 

  1. こちらの射線がひとつ減る
  2. 数的不利になり、敵の勢いが増す
  3. 警戒しなくてはいけないところがひとつ増える
  4. カバーが早い

 

になります。

 

上記を踏まえて、どう立ち回っていくかが重要になってきます。

 

1、こちらの射線がひとつ減る

射線がひとつ減るので、敵の1人が自由に動くことが出来ます。

 

自由になるということは、敵が簡単に射線を広げることができ、

 

結果的に、敵に囲い込まれ、こちらが固まってしまい、なすすべ無しになってしまいます。

 

こちらが追い込まれ、固まってしまってからでは、形勢逆転が出来ないので

 

敵が射線を広げている時や移動している時に、敵をキルする必要があります。

 

 

ここでの上手い方の共通する立ち回りは、

 

  • 敵・味方の射線を把握し、複数に撃たれないところから1人と撃ち合う。
  • 自由に動いている敵を意識する。
  • 孤立している敵を見逃さない

 

になります。

 

2、敵の勢いが増す

 

敵をダウンさせると、

 

「よし!つっこむぞー卍」

 

と、なりますよね。

 

敵が一気に色々な方向から詰めてきます。

 

そうなってしまうと2vs3になり、数的不利で負けてしまうので、

敵の勢いを無くし、バラバラにすることが大事です。

 

 

敵の勢いを無くすには、大ダメージを与えることです。

 

 

味方がダウンしてしまったからといって、こちらは無理に詰めずに、普段とやることは変わらずです。

 

ここでの上手い方の共通する立ち回りは、

敵に大ダメージを与え、勢いを無くすことに集中し

 

  • 無防備に突っ込んで来た敵に対して、頭出しで迎え撃つ。
    • 強ポジで戦い、こちらは大ダメージをもらわない。

 

 

になります。

 

3、警戒するところがひとつ増える

 

単純に数的不利なので、3方向見れない状況が生まれます。

 

味方2人で、3方向を見るのは無理なので、

強ポジで敵が3方向から詰めてこれないところで戦う必要があります。

 

警戒するところがひとつ増えるのであれば、無理やり無くせば良いですね。

 

ここでの上手い方の共通する立ち回りは、

 

  • 強ポジを自ら空け渡さない。

 

になります。

 

4、カバーが早い

 

2vs3なので、敵は1人が自由になるため、カバーが早いです。

 

近距離で撃ち合っていると、横や後ろからすぐカバーがきます。

 

1人に対して、すばやく戦闘を終わらせなくてはいけません。

 

回復している暇もないため、すぐに確キルを入れて、アーマーを交換しましょう。

 

ここでの上手い方の共通する立ち回りは、

 

  • カバーが来る前に1人ダウンさせる。
  • 1人の戦闘に時間をかけない。
  • すぐに確キルを入れてアーマーを着替える

 

になります。

 

味方がダウンした時の立ち回り

 

上記のように、1から4番まで影響することがありますが、

 

共通する立ち回りをまとめると

 

  • 敵・味方の射線を把握し、複数に撃たれないところから1人と撃ち合う。
  • 自由に動いている敵を意識する。
  • 孤立している敵を見逃さない。
  • 無防備に突っ込んで来た敵に対して、頭出しで迎え撃つ。
  • 強ポジで戦い、こちらは大ダメージをもらわない。
  • 強ポジを自ら空け渡さない。
  • カバーが来る前に1人ダウンさせる。
  • 1人の戦闘に時間をかけない。
  • すぐに確キルを入れてアーマーを着替える

 

になります。

 

こちらが人数不利だと、敵も甘えた立ち回りをしてくる場合も多いので、

そういった敵は先に落としやすいです。

 

これらは、素早く敵の1人を落とし、2vs2のイーブンにするまでの立ち回りです。

 

上記のポイントを意識して、

自分が使っているキャラに応じて

 

強ポジで「待ち」の立ち回りをするのも良し、

射線を管理し、素早く敵の1人に近づきダウンをとる「攻め」の立ち回りでも良し、

 

といったところでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

こんなに意識することがあるとは、思ってもいませんでした。(笑)

 

無意識にどこまでできるか、経験を積んでいきたいと思います。

 

また、

武器構成も、

 

素早く確キルを入れることのできるマスティフや

近距離、中距離で安定して火力の出せるボルト、

中距離で精度の高いR301・火力の出るヘムロック、

中距離でも1撃のダメージが大きいトリプルテイク、

 

の武器が共通している点でもありました。

 

参考になれば嬉しいです。それでは。

 

 

 

 

 

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA