【Apex】オリンパスのマップ考察-シーズン7-

Apex Legends_20201120210312

 

今回はシーズン7のオリンパスのマップを考察していきます。

 

ランクマッチにおいて初動が被ってしまうと、

 

  • 拾う武器の強さ
  • アーマーの有無
  • 回復の有無

 

 

と運要素が大きく絡み、実力を発揮できず、チームが全滅してしまいます。

 

どこに降りれば良いのか悩む…

初動が被ってしまってポイントが盛れない…

 

とならないように、マップを考察していきたいと思います。

 

シーズン7オリンパスの漁る場所は

 

olympus-map
olympusは16エリア漁る場所があります。

 

Apexは20部帯×3人の60人のバトルロワイヤルです。

 

今回のオリンポスの名前のついているエリアは16エリアあります。

 

キングスキャニオンは19エリアでしたが、16エリアと少ないので、初動で被ってしまう可能性が非常に高いマップとなっています。

 

初動でどうしても被ってしまうのであれば、漁るエリアが広い場所で

 

  • リフト
  • 水耕施設
  • グロータワー
  • 盆栽プラザ

 

に降りるようにしましょう。

 

マップが広いため、アーマーや武器を揃える時間があり、武器ガチャになりにくいです。

 

そのほかに、敵チームとの接敵までの時間があるため、周りの小さなスポットに行くことで、戦闘を避けることも可能です。

 

オリンパスの穴場スポット

 

olympus-spot

 

緑で囲ったエリアは、味方3人の物資が潤うのに充分なエリアなのでオススメです。

 

他にも小さなスポットは多数ありますが、物資が少なく、初動で上記に書いた

 

  • リフト
  • 水耕施設
  • グロータワー
  • 盆栽プラザ

 

に初動でかぶった方が良いです。

 

オリンパスはキングスキャニオンより漁夫が多い

 

オリンパスは、車やワープゾーンがあり、移動がしやすく、色々な場所へ行きやすい構成となっているため

キングスキャニオンよりも漁夫が多い気がします。

 

漁夫が多いラインは緑で囲った部分です。

 

olympus-fight-spot

 

  • グロータワーとソーラーアレイの間
  • ハモンド研究所とエステート周辺
  • エネルギー貯蔵庫周辺
  • タービン周辺

 

になります。

 

道が何個も通っているので、漁夫がくるスピードが早いのと漁夫の数が非常に多いです。

 

今回のマップはスナイパーが多く、漁夫が多いエリアの中でエネルギー貯蔵庫以外は、射線が多くとおるので

 

思いも寄らないところからダメージを受けてしまうマップとなっています。

 

射線を防げるジブラルタルが流行っている要因ですね。

 

まとめ

 

オリンパスのマップを考察していきましたが、

 

マップを編集していて

 

  • なぜスナイパーが多いのか
  • なぜジブラルタルが必須なのか

 

がわかりました。

 

射線が通りやすいマップというのが大きいのと、その為、ジブラルタルのドームで射線管理が必須だからですね。

 

少しでも立ち回りの参考になれば嬉しいです。

 

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA