【Apex】キングスキャニオンのシーズン6のマップ考察

apex-kingscanyon6map

 

今回はシーズン6のキングスキャニオンのマップを考察していきます。

 

 

ランクマッチでポイントを盛るには、初動が被らないことが大前提です。

ランクマッチにおいて初動が被ってしまうと、

 

  • 拾う武器の強さ
  • アーマーの有無
  • 回復の有無

 

 

と運要素が大きく絡み、実力を発揮できず、チームが全滅してしまいます。

 

 

どこに降りれば良いのか悩む。。。

初動がかぶることが多い。。。

 

とならないように、

 

運に左右されて、ランクマッチポイントがマイナスにならないように、

 

 

どのように降下したら良いか、いま一度マップを確認していきたいと思います。

 

 

Apexシーズン6キングスキャニオンの漁る場所は

 

Apexは20部帯×3人の合計60人のバトルロワイヤルです。

 

そして、名前がついているエリアは実は19箇所あります。

 

apex-kingscanyon-season6map

 

部隊数は20部帯あるので、1部隊は必ず敵チームと被ります。

 

意外に物資を漁れるエリアが19箇所と多いので、ジャンプマスターの場合は、航路を確認し、焦らず

 

だいたいの方向と2つ、3つの街の候補を頭に決め、降下しましょう。

 

キングスキャニオンのシーズン6の穴場スポット

 

名前がついていない場所でも、物資がたくさん集まる場所があります。

 

黄色でマークしているエリアです。

 

apex-kingscanyon-season6map2

 

これを合わせると合計21箇所になるので、数字でみると全20部隊は被らないことになります。

 

ただし、

この2つのエリアは、漁る場所が広く、チームで物資を揃える時間がかかるため、なるべくは名前がついているエリアで物資を漁りましょう。

 

キングスキャニオンは漁夫が多い

 

キングスキャニオンは、ワールズエッジに比べ、マップが狭いので、漁夫が次から次へと襲ってきます。

 

漁夫が多いラインはピンクで囲った部分です。

 

apex-kingscanyon-season6map3

 

  • キャパシター、ケージ周辺
  • マーケット、サルベージ周辺
  • バンカー周辺

 

になります。

 

apex-kingscanyon-season6map

 

 

キングスキャニオンでは、マップの外周に漁るエリアが多く、安置収縮のため中心に移動する際に、

 

ピンクで囲った部分は必ず部隊が衝突します。

 

ピンクで囲った部分での戦闘は必ず漁夫がくるので、意識しておきましょう。

 

また、狭いキングスキャニオンでは

漁夫をする場合は、他の部隊も必ず漁夫を狙っています。漁夫をする際は、周りをじっくり確認しましょう。

 

安全に漁夫ができるレブナントは必須かもしれません。

 

まとめ

 

キングスキャニオンのマップを考察してみましたが、

実際にマップを画像編集し、マークをつけて見てみると、漁夫が多いのも納得できました。

 

少しでも立ち回りの参考になれば嬉しいです。

 

シェアいただけますと喜びます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA